砥部焼(とべやき:愛媛県)作家【龍泉】池田 富士夫・池田 麻人

砥部焼き作家龍泉の「クラフト魂」

Contents

【龍泉窯の紹介】
京都八坂神社の門前茶屋である、二軒茶屋中村楼の辻重光様(先代)に命名いただきました。「世界に名だたる名窯【龍泉】に互する窯となれ」との期待に応えるべく日々の作陶に精進しております。 【作家龍泉の横顔】
青白磁と呉須の藍が特徴的な砥部焼のなかで料理が美味しくいただける食器にこだわり続ける職人であり、現代工芸展、日展などで入賞している作家でもあります。 【作品のご紹介】
 清らかな水の流れ、自然に咲き乱れる草花をテーマに、自由でおおらかに使うことのできる食器作りを目指しています。 
「清流」は龍泉を代表する作品です。 砥部焼作家【龍泉】のオンラインショッピング -砥部焼き 日々の和食器-

What’s New

このページの先頭へ↑

当サイトに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。
Copyright(c) 2009-2016 RYUSEN All Rights Reserved.