砥部焼(とべやき:愛媛県)作家【龍泉】のオンラインショッピング

砥部焼 龍泉窯紹介

作家龍泉の横顔

龍泉窯

窯のなか

龍泉窯は先代の池田國義が創立した龍峯窯から、
1977年に独立し新たに開窯しました。
龍峯窯から数えると45年の歴史があります。

「龍泉」の命名は京都八坂神社の門前茶屋である、
二軒茶屋中村楼の辻重光様(先代)によるものです。

清らかな水の流れ、自然に咲き乱れる草花をテーマに、
自由でおおらかに使うことのできる食器作りを目指しています。

⇒ 砥部焼陶芸館の「龍泉」ページはこちら

tobeyaki.ne.jp 砥部焼は「龍泉オンラインショッピング」でご購入いただけます

このページの先頭へ

龍泉窯の穴窯

龍泉穴窯

陶芸の歴史のなかでも原始的な窯です。
もとは山の斜面に穴を掘り、土で天井を作り、焼いていました。穴窯から発展したものが登り窯です。

焼物を作る効率はよくないのですが、穴窯でしか作れない味わいがあり、焼き物の原点にこだわる龍泉窯では、1999年に穴窯を作りました。

穴窯では、釉薬を使わず、薪で4日間から1週間焚き続けます。そうすると、食器の表面には燃えた薪の灰がかぶり、融けて自然釉となります。緋色、ビイドロ、炭化、など、その時々で良さが変わってきます。


このページの先頭へ

砥部焼

デルフィニウム マグカップ

砥部焼は、1775年大洲藩九代藩主、加藤泰候(かとう やすとき)が磁器作りを命じ、杉野丈助(すぎの じょうすけ)が砥部の五本松に登り窯を据え、1777年(安政6年)に白地に藍色(呉須)の焼き物作りに成功したといわれます。

砥部には焼き物に適した陶石が産出され、燃料である赤松にも恵まれ、すでに230年の歴史があります。

tobeyaki.ne.jp 砥部焼は「龍泉オンラインショッピング」でご購入いただけます


このページの先頭へ

アクセスマップ

砥部焼 龍泉窯

所在地:愛媛県伊予郡砥部町五本松885-23
電話&FAX:089-962-4863


大きな地図・印刷用はこちら

このページの先頭へ↑

当サイトに掲載されている全ての画像、文章、データの無断転用、転載をお断りします。
Copyright(c) 2009-2016 RYUSEN All Rights Reserved.